青ライン
HOME> サービス> 事業法人向けサービス> 海外輸出債権保証サービス
海外輸出債権保証サービス

海外企業に輸出を行う際に、海外企業が倒産等の事由により、輸出債権が未回収となった場合に当社が保証金をお支払いします。

輸出大国である日本では、海外の企業に商品を販売している企業が多くありますが、輸出取引を行う上で、海外にある相手企業に関する情報が少ないため、取引先の実態など信用状態を把握することは困難です。しかしながら、日本の企業にとってこのような輸出取引によって発生した海外債権のリスクをヘッジする手段は少なく、常にリスクが見えない不安を抱えて取引を行うケースが多いのが現状です。

輸出債権保証とは、このように海外企業と輸出取引を行い、商品を販売する企業が抱える取引先の信用リスクに対するヘッジ手段として利用できるサービスです。海外所在の取引先の倒産により売上債権の未回収が発生した場合に保証を受けられます。

当社の海外輸出債権保証は、主に大企業向けに商品設計された貿易保険とは異なり、小さな取引規模でも取扱える商品設計となっており、大企業だけではなく中小企業でもご利用が可能な幅広いニーズへの対応を実現しております。大企業にとっては、自社の与信機能を活かして適正かつ効率的に信用リスクヘッジができ、中小企業にとっては輸出商社を介さない形で信用リスクヘッジが行え、直接海外の販売先と取引を行うことが可能になります。